初めての一人暮らし|賃貸物件に必要な契約の流れを把握しよう

女性

初期費用を計算しよう

集合住宅

実家から離れて一人暮らしを始めたいと考えている人は少なくありません。就職や進学、転勤などの理由により両国や大きな街の近くで一人暮らしを始めることになる場合、どれくらいお金がかかるか考えておきましょう。賃貸物件を借りる契約を行なうときには初期費用というものが必要になります。これはどんなアパートやマンションでも必要になるものです。両国やその近辺で賃貸物件を借りるときは敷金や礼金、仲介手数料や前家賃、火災保険や鍵の交換代などが初期費用の主なものとして発生します。賃貸サイトで検索をしていると金額で書かれている場合と数カ月分という表示で書かれているものがあるでしょう。金額の場合は計算する必要はないのですが、数カ月分という記載がされている場合は家賃を元に計算を行ないましょう。例えば、両国で一ヶ月5万円の賃貸物件があるとしましょう。その物件の敷金と礼金の部分に2ヶ月という記載がある場合、それぞれ家賃の2倍の金額が必要になるのです。この場合は敷金10万円と礼金10万円が必要なので合わせて20万円が初期費用として必要になるでしょう。また、仲介手数料も同じ方法で家賃を元に計算されます。家賃というのは住み始める前の月に払うのが基本です。そこで、入居するときは当月の家賃と次の月の家賃が必要になります。この次の月の家賃のことは前家賃と呼ばれていて、初期費用の一部として最初に支払うことになるでしょう。両国で賃貸物件を探すときにはこのように、家賃の5倍や6倍の初期費用が必要となることをしっかり把握しておきましょう。